2010年03月01日

オリンピック見てました

オリンピック見てたなんつってもリアルタイムで見てたわけじゃない。
まあハイライトとか再放送とかのやつね。
今回はとくにフィギュアスケートが盛り上がった。男子は高橋選手が銅メダル、浅田選手が銀メダルと日本スケート史上最強の布陣でメダルを獲得した。フィギュアスケートもやっとここまでこれるようになったんだと実に感慨深くなったが実のところ今回のバンクーバーオリンピックのフィギュアスケートは疑問がつきまとう。男子女子共に採点が曖昧に感じる部分が多々あった。

IOC会長がこういう声明を出している↓
http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100301-00000006-jij_van-spo

会長がこんなことを言わなければならないほどの事態。よほど方々から抗議の声があったのではないかと思われる。個人的見解だが男子ではプルシェンコのSPの点数がかなり低く感じられた。4回転を含めほぼ完璧な演技、対するライサチェックは4回転は飛ばずミス無しの完璧な演技。結果的にはプルシェンコがSPの段階で1位通過だったがその差はなんと0.5。実質差はない。今回の採点方式がクワドを得意とする選手が圧倒的に不利だというのは分かっていたがこう結果を見るとトリノ五輪を見てた者からすると虚しくなる。

続きを読む
posted by きな粉餅 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする