2010年03月01日

オリンピック見てました

オリンピック見てたなんつってもリアルタイムで見てたわけじゃない。
まあハイライトとか再放送とかのやつね。
今回はとくにフィギュアスケートが盛り上がった。男子は高橋選手が銅メダル、浅田選手が銀メダルと日本スケート史上最強の布陣でメダルを獲得した。フィギュアスケートもやっとここまでこれるようになったんだと実に感慨深くなったが実のところ今回のバンクーバーオリンピックのフィギュアスケートは疑問がつきまとう。男子女子共に採点が曖昧に感じる部分が多々あった。

IOC会長がこういう声明を出している↓
http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100301-00000006-jij_van-spo

会長がこんなことを言わなければならないほどの事態。よほど方々から抗議の声があったのではないかと思われる。個人的見解だが男子ではプルシェンコのSPの点数がかなり低く感じられた。4回転を含めほぼ完璧な演技、対するライサチェックは4回転は飛ばずミス無しの完璧な演技。結果的にはプルシェンコがSPの段階で1位通過だったがその差はなんと0.5。実質差はない。今回の採点方式がクワドを得意とする選手が圧倒的に不利だというのは分かっていたがこう結果を見るとトリノ五輪を見てた者からすると虚しくなる。

さて今回もっともフィギュアの点数で不可解なのは女子シングル。
誰もがキム・ヨナ、浅田真央の両選手の演技に注目しただろう。
SPでは両者共にミスなく演技し浅田選手は3PAを決めてくれた。
が…キム・ヨナ1位、浅田真央2位通過のSPの点数差はなんと2人の4・72点。この差はかなり大きいというかこんなに差がつくのかという疑問?
そして極めつけはFP。ここでキム・ヨナは150.06という前人未到の高得点を叩きだす。これには不覚にも笑ってしまった。どこをどうすればそんな無茶苦茶な点数になるのかと。
もはや男子と互角以上に戦えるキチガイじみた得点そりゃ解説の荒川さんも驚くわ。フィギュアスケートを長年見ている人ならまず唖然とする。それもこれもGEO(出来ばえ得点)が大きな要因を担っている。

これをみてもらえば分かるがフリーの男子女子のGEO得点である。
GOE女子             GOE男子
1位 ヨナ: 17.40        ライサ: 9.64
2位 真央: 8.82          プル: 7.68
3位 ロシェ: 4.42         高橋: 3.20
4位 長洲: 8.50         ランビ: 2.58
5位 安藤: 5.30         チャン: 3.80

キムさんにちょっと加点多すぎやしないか。ツッコミどころ満載の高得点である。

そもそもキム・ヨナ選手の演技でトリプルフリップの回転不足などを指摘されていた。各所の動画サイトやブログなどで検証されているしコマ送りにすれば素人でもはっきりと簡単に分かってしまう。これは今回のオリンピックでも解説の八木沼さんが回転不足じゃないかと言っていたがGEO加点が2.0点あった。動画が各所で上がっていたが今は消されて見れないので仕方ないが3Lz-3Tのコンビネーションジャンプは八木沼さんの言う通り明らかに回転不足でした。これではジャッジに不正が働いているんじゃないかと疑ってしまう。ちなみに浅田選手は減点されてます。これは今回に限ったことではなくずっと言われ続けてきたことなので予想はできていたがオリンピックもこうも露骨にやられると気分が悪い。それに3PAを飛んだ浅田選手の評価があまりにも低い。SP、FP合わせて3回も飛んだことはこちらこそ前人未到として讃えられるべきだろう。

海外のスケーター達の見解


フィリップ・キャンデロロ (仏) '94リレハンメル'98長野銅メダリスト
「あの点差は誰も理解できない。真央の方が難しい技をしているのに、
 どうしてこうなるのか?」

プルシェンコ(露)ソルトレイク銀・トリノ金・バンクーバー銀
「アサダのレベルは人類史上最高だよ。俺が女だったら勝てないだろうね。
 キムは4回転を2回跳んだのか?

エルビス・ストイコ (加) '94リレハンメル'98長野銀メダリスト
「ヨナの滑りは素晴らしかった。だが得点が異常に高い。
 ヨナがあんなに上なのは同意しない」

マリア・ブッテルスカヤ (露) '99世界選手権優勝 長野・ソルトレイク代表
「審判は真央を正当に評価するべきだ。
 なぜこれほどの大差がつくのか理解できない」

コット・ハミルトン (米) '84サラエボ金メダリスト
「(ヨナが)リンク上で見せる挙措動作全てに加点されている。
 呼吸をする度に得点を得ているようにさえ見える。」

サーシャ・コーエン(米) トリノ銀メダリスト
「ヨナはスピードがあってパワフルだけどマオほど難しいプログラムはやってない」

とまあ名だたる海外選手も疑問符を投げかける今回の採点。そしてなにより浅田選手がこういう方達に認められているという事実がすごいことだと思う。

引用↓
http://clubbishop.blog69.fc2.com/

いろいろと検証しているサイト↓
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3757.html
ここ以外にも検証サイトはあるが、海外でも今回の採点は疑問だらけだという。
こうも波紋を呼んでしまったキム・ヨナ選手が金メダルということには異論は無い。ミスをした浅田選手と違い彼女は大きなミスなくほぼ完璧のすばらしい演技をした。しかしあの異常すぎる高得点の連発に寒気を感じた。FPでミスをした浅田選手の得点が何故か高かったのも異様な高得点を出したキム・ヨナ選手の帳尻合わせに出したものとしか思えない。おそらく浅田選手より先に滑るためにこのような自体になったのではないかと推測もできる。浅田選手が3PAを2回決めてかつ完璧な演技をしたとしての仮定であろう。実際に浅田選手が
3PAを2回決めてかつミスをしなくても逆転不可能な点数だからだ。
この行為があまりにも露骨にすぎて疑惑の念が広がる結果になったように思う。
こんな疑惑が付くような採点なぞ無くてもキム・ヨナ選手は金メダルを取れる実力のある選手だけにこのような結果は非常に残念でならない。
今回のオリンピックフィギュアスケートは正直失望したが日本にはまだ優秀な選手が次のオリンピックを出れるのを思うと男子女子共に未来は明るいのかもしれない。

他にこんな記事もあります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000517-sanspo-ent
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000041-sph-spo
posted by きな粉餅 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。