2012年08月04日

10年前ゲームから

「Dies irae ~Amantes amentes~」が発売されて1ヶ月以上経ちますが原作者の正田氏が予測していたよりも2倍売れているようですね。8月31日にはPC版も発売されるようですしまだまだ売り上げが伸びそうです。
とまあタイトルと関係ないのから入りましたが10年前のゲームということで。
『世界ノ全テ』、ロスチャを最後に消えうせたブランド、たまソフトの作品です。
これがなんと当時のプロデューサー霊岳の苗字を取ってブランド名を霊岳ソフトとして『世界ノ全テノ全テ』として8月31日に発売予定だそうです。


このゲームは10年前(2002年)に「世界ノ全テ」としてCD媒体で発売され「世界ノ全テ -remind of you-」のタイトルでDVDにメディアを移し、2006年に「世界ノ全テ -two of us-」として発売された。
何年か前に劇場版世界ノ全テとして完全版を出すみたいなことが雑誌に載ってたがブランドが潰れたのでこの話もなくなったものと思ってたが、今回「世界ノ全テノ全テ」として出されることに。
http://tamasoft.cc/
HP見れば分かるが限定版はサントラ、ドラマCD含め8枚組みで17,640円。
なんかとんでもないことになってる。このゲームの評判良いし古いが買ってみる価値はあるかもしれない。

もう一つは「白神子〜しろみこ〜」というゲーム。
http://exception.jp/main/replace.cgi?file=index.html&link=toppage
ぱっと見、伝奇モノっぽい
が、絵をみるとかなーり古臭い。いろいろ調べてみるとこんなの発見。
http://chaos-info.ldblog.jp/archives/7369971.html#

外注やら何やらやってて放置して10年かかりましたというシロモノ。
ボイス無いしよく発売する気になったもんだな・・・さすが10年前だ。
Mac版やAndroid版も同伴されてるみたいでいろいろなんかすげぇ。
一応、自社製のエンジンでゲーム作ってるようなので技術力はあるのだろう。
シナリオが良ければ良作なんだろうが絵は古いしボイス無しってのがなぁ。まほよもボイス無しだがあれは演出が良いから許せるところがあるし。大勢が人柱待ちかなコレ。
8月31日発売。
「世界ノ全テノ全テ」「Dies irae」と発売日同じじゃんかよ。
とまあ10年前のゲームの完全版と10年位前から作ってるゲームを取り上げてみました。
posted by きな粉餅 at 01:20| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。