2012年12月30日

年収めに映画を見る

今年も終わりということで映画を観にいってきました。
観にいったのは『伏 鉄砲娘の捕物帳』。桜庭一樹の小説『伏 贋作・里見八犬伝』が原作のアニメ映画です。
原作と若干違うようですが原作は知らないので新鮮な気持ちで見ることができました。
そもそも里見八犬伝の登場人物が人のとっての敵役という位置づけで出てくるのもまたなんとも不思議ですね。映画を見終わったとき何故かよくわからないがほっとするようなそんな感じを受けた。浜路視点で物語が進んでゆくのだけれど信乃との出会いからラストまで王道的な印象。
ジュブナイル的なんだけど、どこか大人的なところも感じ取れたり、そこで生きる登場人物の生き方がそう感じさせるのかなと。
この映画では浜路役に寿美菜子さん、信乃役に宮野真守さん、冥土役に宮本佳那子さん等若手声優の方が出演しています。近年のアニメ映画ではこういった声優の方をあまり使ってはくれない場合が多いのでこういうのは良い傾向だと思います。もっと若手に演じる機会を与えて欲しいですね。ゲストでは桂歌丸さん、劇団ひとりさん等が出演してます。主題歌はCharaさん。久々に聴いた気がするw。相変わらず独特の歌を歌う人ですね。歌も良かったですよ。
年収めでしたが好い作品を見れて満足しました。意外と浜路に萌えられるかもしれませんし。
さてこうなると原作の方も読みたくなってきます。また原作も読んでみようかなと思います。






posted by きな粉餅 at 23:51| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。