2013年12月01日

ゲームの発売とか

先日、PS3とPSPで「向日葵の教会と長い夏休み-extra vacatino-」が『けろ枕』から発売された。
そもそもこのゲームは、ムーンフェイズ株式会社のゲームブランド『』から発売された「向日葵の教会と長い夏休み」のCS版である。
ムーンフェイズ株式会社といえば『ケロQ』ブランドが有名で『』は姉妹ブランドとなる。
社長のSCA-自氏がブランドの世界観を一手に引き受け構築していることでも有名。


この「向日葵の教会と長い夏休み」がCS移植されるにあったって非常に短いスパンで達成されているのを見るともともと移植前提で作られたのだろうと容易に想像できる。
しかしCS移植に作られた会社「けろ枕」はなんとムーンフェイズとは関係ないようで移植会社が作ったようだ。
SCA-自氏もツイッターで言及しているが実に紛らわしいw
https://twitter.com/SCA_DI/status/352674916237185025
https://twitter.com/SCA_DI/status/352766591202623490
https://twitter.com/SCA_DI/status/352767820406325248

しかし、ちゃっかり宣伝する氏
https://twitter.com/SCA_DI/status/352766165988278275

最近の移植はアダルトゲームブランドを持つ会社が移植のためにCSブランドを設立するのは当たり前の時代
で、体力のなかった会社が何年もかけてようやく力をつけてきた証でもある。
ムーンフェイズはそうではないがこの先どうなるかは分からない。
またけろ枕で「素晴らしき日々 〜不連続存在〜」が移植される予定。
プレイしたことは無いので何ともいえないが、ファンからの評価も高く移植は無理だなんていわれてる作品。
SCA-自氏本人が深く関わるらしく問題作であるこれをどのように移植させるのか、というのが非常に興味があります。
https://twitter.com/SCA_DI/status/352768589792673795
その前にオリジナルをプレイするべきかな。
曲は動画サイトで視聴したが良い曲ばかりでした。
オフィシャルでCD買っちゃおうかな・・
posted by きな粉餅 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。